2009年04月15日

各都道府県10名城

先日の日記の三木合戦的な本で書いていた、
歴史読本 2009年 05月号読んでみました。

予想していた兵庫10城は、

姫路城、明石城、赤穂城、三木城、花隈城、尼崎城
篠山城、竹田城、上月城、洲本城

でした。


本紙の結果は....


1位、姫路城
2位、篠山城
3位、八上城
4位、竹田城
5位、洲本城
6位、置塩城
7位、明石城
8位、赤穂城
9位、富松城
10位、有岡城

でした。

的中は、姫路城、明石城、赤穂城、篠山城、竹田城、洲本城
の6城でした。半分以上なので次第点?
惜しいところは花隈城、尼崎城と書いているのに、有岡城(伊丹城)を次点としてしか書いていなかった事でしょうか。
よくよく考えれば、荒木村重が最初に篭もった城であり、黒田官兵衛が捕らえられていた場所でもあるので、他よりも重要ですね。

予想外だったのが、八上城、置塩城、富岡城の3城。
特に3位につけた八上城。
明石や赤穂、竹田よりも上位です。
信長に抗った波多野氏の城ですが、そこまでメジャーだったのでしょうか。
どちらからといえば、まだ三木城の方が…むぅ。
ここは長治の嫁の顔に免じて納得しておきましょう。



あと、そういえば
CG日本史シリーズ6 戦国大攻城戦
という本に三木合戦の再現CGが掲載されていました。
posted by 芹沢鴎 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 城(歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック